和歌山以外の地域の写真をこちらにまとめます。メインブログはhttp://vonbraun.exblog.jp


by hobohitoritabi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

マイブログ

カテゴリ

全体
近畿
東海
北陸
関東
北海道
九州
中国
四国
東北
未分類

以前の記事

2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月

タグ

(19)
(18)
(11)
(3)
(1)
(1)

フォロー中のブログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

写真素材 PIXTA

カテゴリ:近畿( 19 )

明日香村散策2

字数制限がかかり、ひとつにまとめられなかったので、続きです。
明日香村散策1はこちら
a0278378_19593332.jpg
川原寺跡(史跡)
12:25
川原寺は、創建の年代、経過については明らかではないが、飛鳥朝極めて重要な意義を持っていた寺院である。 まず、創建の時期については敏達天皇13年説、斉明天皇元年説、斉明天皇7年説、天武天皇朝あるいは奈良時代の宝亀5年説などがあって、必ずしも明確でない。しかし、天武紀2年3月の条に「是月聚書生始写一切経於川原寺」とある。したがって以上の内容と合わせて、天武期に存在したことは確かである。ただし、従来からも問題となっている孝徳紀白雉4年6月の条の僧旻法師の遷化に関する記事の中に「安置川原寺」とあるが、その割註に「或本云在山田寺」とあることから、川原寺か山田寺かどちらか不詳である。しかし、天武朝以後、奈良朝にかけてかなり勢力をもった寺院であったことは容易に知られる。すなわち天武紀14年8月甲戌朔丙戌に「幸于川原寺施稲於衆僧」とあり、同9月丁卯の天皇の病気平癒祈願のために「桶経於大官大寺・川原寺・飛鳥寺。因以稲納三寺」とあり、朱鳥元年4月壬午の条には「為饗新羅客等、運川原寺伎楽於筑紫、仍以皇后宮之私稲五千束、納于川原寺」とあり、川原寺に伎楽が置かれていたことがわかる。また、同5月癸亥には「天皇体不安、因以於川原寺説薬師経」、同6月丁亥には「勅遣百官人等於川原寺為燃燈供養、仍大斎之悔過也」とあり、9月辛丑には「悉集川原寺為天皇病誓願」とある。したがって天武天皇の病気平癒を祈願するため、川原寺において盛んに法会が行われたことが知られる。その甲斐なく天皇崩御の後、持統即位前紀12月乙酉の条に「奉為天渟中原瀛真人天皇設無遮大会於五寺」とあり、その中に川原寺の名が挙げられている。こうしたことより川原寺は天武天皇と特別な関係にあったことが推定される。
a0278378_2001474.jpg
橘寺境内 (史跡)
12:27
道を挟んだ反対側の小高いところに橘寺がある。

創建の事情や年代については明確ではないが、聖徳太子伝暦によれば太子がこの地で勝鬘経(しょうまんきょう)を講ぜられたとき、瑞祥があり、それによって仏堂を建立したとある。従来から問題視されている史料としては、河内野中寺の弥勒像の丙寅(天智天皇5年-666)の紀年銘に「橘寺智識之等(詣)中宮天皇大御身労坐之時、誓願之奉弥勒御像也」とある。また法隆寺東院資材帳によると推古天皇14年7月、「天皇詔太子日、於朕前講説勝鬘経、則依詔太子講説三日、講竟夜蓮花零、花長二三尺溢方三四丈之地、則其地誓立寺院、是今菩提寺也」とある。推古14年という年代についてどの程度の信憑性がるかは別として、天武紀9年夏4月、「乙卯(十一月)、橘寺尼房失火、以焚十房」とあり、また類従国史には延暦14年4月20日の条に「大和国稲二千束施入菩提寺以遭火災也」とある。さらに上宮太子拾遺記には久安4年(1148)に塔が雷火のため焼失したと伝える。これらの記事によると再三災厄をうけたらしい。平安朝になって、治安3年藤原道長が参詣し、享徳元年の古記のある南都七大寺巡礼記には、伽藍の構成などを挙げている。
a0278378_2015573.jpg
弘福寺
12:28
川原寺の金堂跡地には、江戸時代中期に現在の弘福寺が建立され川原寺の法灯を継いでいる。
a0278378_2015040.jpg
弘福寺
12:30
a0278378_20404491.jpg
橘寺本堂
12:34
橘寺は、正式には「仏頭山上宮皇院菩提寺」と称し、本尊は聖徳太子・如意輪観音。
橘寺の付近には聖徳太子が誕生したとされる場所があり、寺院は太子建立七大寺の1つとされている。
太子が父用明天皇の別宮を寺に改めたのが始まりと伝わる。
当初の建物は、東を正面として、中門、塔、金堂、講堂が東西に一直線に並ぶ、四天王寺式または山田寺式の伽藍配置だったことが判明している。

本堂(太子堂)は元治元年(1864年)に再建された建物で、本尊として聖徳太子坐像が安置されている。
a0278378_20464654.jpg
二面石
a0278378_2047873.jpg

12:35
二面石 境内にある高さ約1mほどの石造物で、左右に善相と悪相が彫られており、人の心の二面性を表現している。
a0278378_20474927.jpg
五重塔跡
12:39
落雷で焼失。塔心礎(心柱の礎石)が僅かに往時を偲ばせる。心礎の柱孔は円柱の周囲三方に添柱を付した形のものである。
a0278378_20493091.jpg
三光石
a0278378_2052657.jpg
阿字池
12:40
三光石
推古天皇の時代、天皇の仰せにより、聖徳太子は3日間に渡り勝鬘経講讃を執り行いました。
その時、聖徳太子の冠から日月星の光が輝いたと伝えられています。

阿字池
梵字「あ」を形取り聖徳太子が作られたと伝えられている。
a0278378_20583695.jpg
亀石
12:49
長さ3.6メートル、幅2.1メートル、高さ1.8メートルの巨大な花崗岩に亀に似た彫刻が彫られていることからこの名前で呼ばれている。
a0278378_2102423.jpg
高松塚古墳(特別史跡)
13:03
中尾山古墳と文武天皇陵との中間の丘陵南斜面に位置する。墳丘は直径23メートル、高さ5メートル程度の二段築成の円墳であり、昭和47年3月21日に極彩色の壁画が発見され一大センセーションをまき起こした。古墳は国の特別史跡に、壁画は国宝に指定されている。内部は横口式石槨で、内法の長さは2.6メートル、巾1メートル、高さ1.1メートルであり、凝灰岩の切石をもって築造されている。石槨内は漆喰が全面に塗られ、壁面には彩色壁画が描かれ、漆塗木棺が埋納されていた。南面より盗掘を受けていたが、出土遺物として、人骨以外には金銅装棺金具、海獣葡萄鏡一面、銀装大刀外装具などが検出された。これらは正倉院御物などに文化史的に近いものである。特に葡萄鏡は中国の西安市の唐墓から出土した鏡と同じ鋳型で製作された同笵鏡であることが分かり注目される。壁画は、側壁面に男女人物群像、四神、日月、天井部に星宿が描かれていたが、その根本は中国の伝統的な思想を背景にしたものであり、高句麗、唐の影響が顕著に認められている。
a0278378_2113589.jpg
文武天皇陵
13:05
a0278378_2172867.jpg
鬼の雪隠
13:19
a0278378_2174047.jpg
鬼の俎
13:21
「その昔、後ろの山に住んでいた鬼が、霧を降らせて通行人を迷わせ、捕らえて俎で料理しては、雪隠で用をたした」という伝説が残るが、実は崩壊した横口式石槨の石室(雪隠)と底石(俎)である。石室の内法幅は1.53m、高さ1.3mで、底石(俎)は長さ4.47mm、幅2.65mm、厚さ約1m。
欽明陵の陪塚の一つが崩れ落ちたものと推測されているが、一方では未完成のまま放置されたものとの説もある。
a0278378_2175497.jpg
吉備姫王墓
a0278378_1093435.jpg

a0278378_9584317.jpg
僧(法師)
a0278378_9583658.jpg

a0278378_959181.jpg
山王権現
13:28
欽明天皇陵の西側にある小円墳が比定されてはいるが、確定していない。吉備姫王は、皇極・孝徳天皇の母にあたる。この墓の西側の垣の中に猿石と呼ばれる花崗岩の石像が四体あることでも有名である。この猿石は、18世紀初め頃に付近の水田から掘り出されたとされているが、この場所を欽明天皇陵のすぐ南側に存在し、古代の苑池の遺構としての性格も考えられている平田キタガワ遺跡にあてる説もあるが定かではない。製作年代や目的・用途は不明である。
a0278378_9591416.jpg
欽明天皇陵
13:30
a0278378_1042147.jpg
鬼の俎
13:33
ちょっと撮影角度に納得いかなかったので、帰りに再度いきました。
a0278378_10145574.jpg
天武・持統天皇陵(野口王墓・檜隈大内陵)
13:39
a0278378_10152265.jpg
全景
13:43
古墳時代終末期の八角墳。天武・持統天皇陵に比定・治定されている。
宮内庁発行の『陵墓要覧』による陵名は檜隈大内陵。日本書紀には「大内陵」と記述される。
墳丘は東西約58メートル、南北径45メートル、高さ9メートルの円墳状である。
本来の墳形は八角形・五段築成、周囲に石段をめぐらすとされる。2室からなる切石積みの石室があり、天武天皇の夾紵棺と持統天皇の金銅製骨蔵器が納められているとされている。本古墳は、天皇が埋葬された古墳として考えてよく、被葬者の実在性も問題がない。治定が信頼できる数少ない古代の陵墓である。

a0278378_10294612.jpg
甘樫丘から明日香を望む
14:00
a0278378_1030279.jpg
甘樫丘から飛鳥板蓋宮

14:02
a0278378_10301361.jpg
甘樫丘から大和三山
14:11
左:畝傍山
中央:耳成山
右:天香具山
この三山に囲まれた地域が藤原京の中心。
藤原京は、中国の都城制を模して造られた日本初の本格的な都城でした。持統天皇が飛鳥から藤原の地に都を遷したのは694年のこと。新たな都の造営は、亡き夫・天武天皇を意志を受け継いだ中央集権国家の確立には欠かせない一代事業でした。その大きさは、東西方向約5.3km、南北方向4.8kmで、平城京、平安京をしのぐ古代最大の都です。藤原京時代には大宝律令が制定され、貨幣も発行されました。初めて「日本」という国号を使用したのも藤原京を発した遣唐使でした。
a0278378_10302978.jpg
飛鳥水落遺跡 (史跡)
14:20
飛鳥川の東岸、飛鳥寺の北西に位置し、飛鳥寺の寺域の北西隅の西方が水落遺跡、その北が石神遺跡である。水落遺跡は、7世紀後半の建物の礎石群のある方形基檀を持つ遺跡である。基壇(一辺約22.5メートル、高さ約1メートル)は自然石を三~四段積み上げた正方形のもので、周囲に底幅1.8メートルの濠状の溝を回す。この基壇の上に、方四間総柱(柱芯一辺11メートル)の楼閣が建っていたものと見られる。基檀中央に据えたママ石には、柱の底をかませたくり込みがあり、さらに礎石には、縦横斜めにも梁石を連結させ、堅固に据えている。基檀中央には台石に据えた漆塗の箱を設置し、これに向かって八釣川から導水した木樋暗渠や、サイホン方式の桶水に用いられたと見られる銅製の銅管が検出され、また冬季には氷結防止のため温めていたらしく、炭が出土している。これが漏刻と漏刻台と考えられている。
a0278378_1030451.jpg
大官大寺跡 (史跡)
a0278378_10305867.jpg
14:23
日本書紀によると、聖徳太子によって平群に創建された「熊凝精舎」を、舒明天皇が百済川畔に移し、「百済大寺」といい、次いで天武天皇は天武2年(673年)に、この飛鳥の地に移し「高市大寺」といったが、同6年(677年)、天皇の寺という意味の「大官大寺」と改称したとある。しかし、発掘調査の結果、現在の大官大寺跡の伽藍は、文武朝のものであることが確認され、書紀に記された天武朝の高市大寺は別にあったと考えられ、7世紀後半~末にかけて国家の経営する大寺として、雄姿を誇り朱鳥元年(686年)には天武天皇の病気回復の祈願が行われ、持統天皇の時梵鐘を鋳造、文武天皇の時には九重塔や金堂が完成し飛鳥の大寺院の一つとして荘厳をきわめたといわれる。特に塔は方五間、講堂は正面九間、側面四間もある雄大な規模を有したものであった。その後、平城遷都とともに寺籍を新都に移し大安寺となり、旧寺は和銅4年(711年)藤原京の大火で焼失し、以後、寺地は田畑や民家と化してしまった。それでも明治中期までは金堂跡と塔跡が残り礎石も残っていたが、明治22年橿原神宮造営の際、運び去られ、現在その面影を伝えるものは、わずかに残った土壇のみとなっている。
a0278378_10433911.jpg
大伴夫人の墓
a0278378_10434923.jpg
14:33
大伴夫人は、大伴咋の娘・智仙娘で、中臣御食子の妻となって鎌足を生んだ。
a0278378_10523939.jpg
岡本寺
14:43
岡本寺は、明日香村大字岡という、明日香村随一の集落地、岡の農家の立ち並ぶ一隅にあります。バス停「岡寺前」から岡寺に向かう途中左側、寺域七十坪の堂宇が岡本寺本堂です。飛鳥時代、舒明天皇の岡本宮ともいわれる旧蹟を伽藍として、「岡本寺」としたとも伝えられ、現在の本堂は昭和六十三年(1988)に修復されました。
なお、岡寺の近くにあるのは岡本寺の道場。
a0278378_11544910.jpg
阿字石
14:44
a0278378_11554154.jpg
マラ石
14:50
明日香村にある謎の石造物の一つ。男性器を模したもので本来は真すぐに立っていたとも言われている。地元では、飛鳥川をはさんだ対岸の丘陵を「フグリ山」と呼び「マラ石」と一対のものと考える説もある。
子孫繁栄や農耕信仰に関係した遺物と考えることもできよう。
国営飛鳥歴史公園祝戸地区への入口付近にあり、男性の陰茎を思わせる石が斜めに突き立っている。仏教考古学者の石田茂作によりマラ石と命名された。
a0278378_11555268.jpg
フグリ山
14:51
a0278378_115624.jpg
石舞台古墳
14:58
戻ってきました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2013-01-02 12:18 | 近畿

明日香村散策1

11月19日
談山神社の後、明日香村を散策しました。
昔自転車で回った思い出がありますが、今回は原チャリで回る予定。
a0278378_23393869.jpg
大原神社
10:30
大原の里 -藤原鎌足誕生地-

 藤原鎌足は、「大織冠伝」(760年頃成立)によると、推古天皇22年(614)大倭(大和)国高市郡の人として、藤原の第(邸宅)に生れたと記されている。藤原は、現在のここ明日香村小原の地である。
 すぐ右手の田圃には、明治初年まで「藤原寺」(鎌足誕生堂)が立っていて、江戸時代後期に、国学者本居宣長も訪れている。
 飛鳥坐神社より通じるこの道は、ここから東へ上ること約4kmの山頂にある鎌足を祀る「談山神社」への表参道である。
 ここ大原神社の奥の竹田川のほとりには、「藤原鎌足産湯の井戸」、左手の森には、鎌足の母「大伴夫人」
の墓がある。
 また、当神社の正面左手には、天武天皇と鎌足の娘の藤原夫人との間に交わされた、万葉集の歌二首を刻んだ石碑がある。

                             平成十八年(2006年)一月
                                  明日香村小原
                                    藤原鎌足顕彰会

 ここでいう藤原夫人は藤原鎌足の娘、五百重娘(大原大刀自)のこと。
 壬申の乱の後に天武天皇の妃となり、新田部皇子をもうけた。天皇の崩御後、異母兄の不比等との間に麻呂をもうけた。

a0278378_2323426.jpg
10:31
a0278378_23405056.jpg
石舞台古墳(特別史跡)
10:32
石舞台古墳は、細川谷に入っていく渓口部に築造された一辺約50メートルの大方墳で、飛鳥所在古墳の代名詞になる著名な古墳である。この古墳は、古くから石室天井部の石が露出していて、『西国三十三所名勝図会』などに旧態が描き出されており、『和州旧跡考』には「その近き所に石太屋とて陵あり」との記事がみられる。明治末年、喜田貞吉博士によって蘇我馬子桃原墓と推定されたりしていた(喜田貞吉「蘇我馬子桃原墓の推定、稀有の大石槨島の庄の石舞台の研究」歴史地理19-4、明治45年)が、日本学術振興会から費用の援助を得て、昭和8年1月5日より、奈良県史蹟調査会と京都帝国大学考古学教室の共同で、浜田耕作博士が総括責任者、末永雅雄博士を現地主任にして石室を中心に発掘調査が始められた。続いて昭和10年4月より、墳丘基底部の周湟と外堤の調査が行われ、昭和10年12月24日文部大臣より史蹟としての指定を受け、更に昭和27年3月29日、特別史跡の指定を受けている。それにともない昭和29年より33年にかけて湟及び外堤の復原工事が行われ、東北隅の湟の上を通っていた県道も湟外にそって迂回されることとなった。
a0278378_23441615.jpg
10:53
明日香レンタサイクル 石舞台営業所でバイクを借りる。
2年ぶりの原チャリかな。
a0278378_23474982.jpg
岡寺
10:58
真言宗豊山派の寺院。山号は東光山、寺号は龍蓋寺とも称し、正式には東高山真珠院龍蓋寺という。本尊は如意輪観音。西国三十三箇所第7番札所。

天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。
寺の西に隣接する治田神社境内からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が発掘されており、創建当時の岡寺は現在の治田神社の位置にあったものと推定されている。
平成17年(2005年)に「岡寺跡」として国の史跡に指定された。

現在では真言宗豊山派の寺院だが、義淵僧正は日本の法相宗の祖であり、その門下には東大寺創建に関わった良弁や行基などがいた。義淵僧正が法相宗の祖とされていたため、江戸時代までは興福寺の末寺であった。江戸時代以降は長谷寺の末寺となった。
a0278378_1464547.jpg
仁王門(重要文化財)
慶長17年(1612)建立。埋蔵文化財の宝庫といわれる明日香村において建造物で唯一、重要文化財に指定されているのは、岡寺のこの仁王門と書院だけ。
a0278378_1474380.jpg
11:01
a0278378_1475839.jpg
本堂
11:02
現在の本堂は棟札などから、文化2年(1805)の上棟ですべての完成迄に30年以上かかった事が判明。4mを超える本尊が安置されているお堂であり境内の中でもひときわ目立つお堂。
初午の開運厄除護摩供大般若法要など主な法要はこの本堂で勤修されている。
a0278378_1522135.jpg
楼門
11:02
奈良県指定文化財。
書院(重要文化財)の前方に建つ入母屋造の楼門。古くは内部に鐘を吊っていた鐘楼門であったが、過去の古い写真等を見ると、この2階部分には現在本堂にて陳列している平安時代作の兜跋毘沙門天が祀られていた事が判明。
建立年代は仁王門に転用されている古材と同種の痕跡をもつ部材が多く使われている事からこの楼門も仁王門と同様に慶長年間(1596~1615)頃の建立と考えられている。
独特の形式を持つ小型の鐘楼門として大変珍しい遺構であるといわれている。
a0278378_1522644.jpg
開山堂
11:02
本堂の西側に軒を接して建つ妻入り三間堂。阿弥陀三尊を安置。
多武峰妙楽寺(現、談山神社)より移築されたお堂で、元は護摩堂であったと伝わる。移築の際、屋根の形状が桧皮ぶきから瓦葺きに変更されたが、その影響でお堂自体にかなりの負担がかかり痛んでいたので、その負担を無くし、なおかつ元の形状に戻す為、平成16年よりおよそ2年の月日をかけ解体修理を行い、現在は元の姿に。
この解体修理では建立年代と思われる『寛政9年』の墨書きが発見され、また移築当時の棟札も発見され、明治4年に当寺に移築されたことが明らかになる。この前年の明治3年には廃仏毀釈の運動がふきあれ、その影響で岡寺に移築されたと考えられている。
a0278378_1523393.jpg
鐘楼
11:03
正確な建立年代は不明。梵鐘には文化5年(1808)と刻まれており、建築様式などから本堂と同時期に再建されたものと思われる。
a0278378_1523957.jpg
十三重塔
11:08
a0278378_1505590.jpg
書院(重要文化財)
11:08
国指定の重要文化財。普段は非公開。
仁王門と同じく明日香村で建造物として唯一重要文化財。
この書院は奈良県下では数少ない書院建築として重要視されており、昭和61年に重要文化財の指定を受けた。
a0278378_211083.jpg
三重塔
11:09
古来三重宝塔は旧境内地(現治田神社境内)に建っていたが、文明4年(1472)7月21日の大風により倒壊してしまった。翌年から早速勧進が進められたが、完成をみず、やがて解体転用されることになったた。
創建当時の塔についての詳細は分かっていないが鎌倉時代初期に岡寺に三重塔があったことが『諸寺建立次第』によって明らかにされている。
その後も復興される事なく長い月日が経ちますが、昭和59年の弘法大師千百五十年御遠忌を契機に復興に着手、昭和61年に実に514年ぶりに再建。そして平成6年より三重宝塔の荘厳として扉絵・壁画・琴などの作成に着手し、平成13年に完成。
a0278378_21175.jpg
仁王門
11:15
a0278378_212738.jpg
史跡岡寺跡(治田神社)
11:16
岡寺(龍蓋寺)は義淵僧正によって建立されたと伝えられている寺院であるが、創建当初の伽藍は仁王門の西方、ここ治田神社境内地にあったと考えられている。境内地には礎石がいくつか残っており、拝殿の地覆石には凝灰岩の切石が使われている。また、古瓦の散布もみられることから、このあたりに古代の建物があったことは間違いない。昭和57年には橿原考古学研究所によって発掘調査が行われており、基礎建物の北端を画したと思われる凝灰岩の切石ガ4.5mほど並び、その東端に階段があったらしいこともわかっている。その他の建物や伽藍配置については不明であるが、岡寺所蔵の寛文年間(1661-1672)の絵図には、治田神社付近に金堂や講堂・塔の跡地が描かれている。発掘調査で見つかった建物は、南向きに建つ7間×4間の金堂と推定される。
a0278378_1524411.jpg
治田神社本殿
11:17
祭神
応神天皇 素戔嗚尊 大物主命

由緒沿革
創建は明らかではないが、延喜式巻十の延喜式神明帳の式内社とされているので、平安時代(10世紀)には社があったことがわかる。さらに境内地からは凝灰石の基壇や礎石、瓦が出土することから、8世紀初頭の岡寺(龍蓋寺)創建伽藍があったと推測されており、寺の鎮守神として、境内に祀られていた可能性がある。この鎮守神を祀ったのが、後に治田神社になったとも考えられる。
元々は治田氏の祖神が奉祀されていた。文安年間(1444年~1448年)に一時大国主命の和魂である大物主命を奉祀されたことが古書にある。さらに社名を八幡宮と称して応神天皇を奉祀し今日に至っている。
a0278378_15432268.jpg
酒船石(史跡)
11:24
この石造物は、現状では長さ5.5メートルで幅2.3メートル、高さ1メートルで花崗岩でできている。北側及び南側の一部は欠損しており、近世にどこかへ運び出されたものと考えられ、石割りの工具跡が残っている。石の上面に、円や楕円の浅いくぼみを造って、これを細い溝で結んでいる。酒をしぼる槽とも、あるいは油や薬を作るための道具ともいわれている。しかし、この石の東40mのやや高いところで、ここへ水を引くための土管や石樋がみつかっていることから庭園の施設だという説もある。

                                     明日香村
                                     飛鳥保存財団
a0278378_1672416.jpg
飛鳥坐神社
11:34
創建の由緒は不詳であるが、『出雲國造神賀詞』に「賀夜奈流美命ノ御魂ヲ飛鳥ノ神奈備ニ坐テ皇孫命ノ近守神ト貢置」とあり、大国主神が皇室の近き守護神として、賀夜奈流美命の神霊を飛鳥の神奈備に奉斎したとある。また『日本書紀』朱鳥元年(686年)7月の条に「奉幣 於居紀伊国国懸神 飛鳥四社 住吉大社」とあり、天武天皇の病気平癒祈願のため幣帛が奉られた。『日本紀略』によれば、天長6年(829年)、神託により、現在の鳥形山へ遷座した。(遷座する前の場所については諸説ある)

寛永17年(1640年)に高取城に入った高取藩初代藩主・植村家政は、高取城の鬼門に当たる当社を深く信仰した。享保10年(1725年)に里からの火災により社殿の大半を焼失したため、天明元年(1781年)に高取藩8代藩主・植村家利により再建された。平成13年(2001年)再建から200年を経て社殿が老朽化してきたことから、吉野の丹生川上神社上社が大滝ダム建設に伴い移築するに際し、旧社殿を譲り受け再建した。
a0278378_169319.jpg
神楽殿と西良殿
11:35
a0278378_16101287.jpg
拝殿
11:36
a0278378_1845373.jpg
拝殿から本殿
11:37
a0278378_18452640.jpg
八幡神社本殿と拝殿
11:38
このほか、たくさんの合祀された神社がありました。
a0278378_18463450.jpg
飛鳥寺
11:57
蘇我氏の氏寺で、日本最古の本格的寺院でもある法興寺の後身である。
本尊は「飛鳥大仏」と通称される釈迦如来、開基は蘇我馬子。
a0278378_1921960.jpg
11:58
飛鳥寺は飛鳥寺跡として史跡に指定されている。
飛鳥寺は飛鳥時代、飛鳥地方における最大の寺院であり、法興寺、元興寺とも称されていた。日本書紀によれば、崇峻天皇元年の条にあるように即位前紀に厩戸皇子、蘇我馬子(大臣)らが物部守屋(大連)を攻めた際、大臣は「凡諸天皇、大神王等、助衛於我、使獲利益、願当奉為諸天興大神王、起立寺塔、流通三宝」と戦勝を祈願し、その目的が成就したので「依本願、於飛鳥地、起法興寺」とあるに由来する。かくして、法興寺の起工が行われ、崇峻天皇3年冬10月に「入山取寺材」とあり、崇峻天皇5年冬10月・推古紀元年春正月壬辰朔丙辰にもみえるように塔婆の建立も着々進捗していた様子を知ることができる。また約5年後の推古紀4年冬11月の条の記載によれば、このとき、寺院の建築が一応完成し、僧二人が飛鳥寺に住することになった事情が判明する。しかしその時点では、まだ本尊の鋳造安置は未完成であったらしい。推古紀14年夏4月乙酉朔壬辰からは、約1ヵ年の歳月をかけて本尊丈六銅像と繍仏を製作したことがわかる。これらのことは『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』にみえる「露盤銘」や、「丈六釈迦光背銘」などに、ほぼ同じ内容のことが記載されている。
a0278378_1921110.jpg
蘇我入鹿首塚
12:00
後ろの丘が蘇我氏の邸宅のあった甘樫丘。
a0278378_1923675.jpg
入鹿首塚から飛鳥寺
12:00
いうまでもなく、飛鳥寺は中大兄皇子(天智天皇)が、入鹿暗殺後戦備を整えるために入った寺。
a0278378_19453881.jpg
亀形石造物
12:09
酒船石遺跡の北西に位置する謎の石造物。
1999年に発見された。
全長2.4m、幅2mの亀形を呈する。顔を南向きにして据えられていた。丸く彫られた両目、4本の指の表現が施された両足が特徴的である。甲羅部分は円形の凹型になっており、水を溜める仕組みであったことがわかる。水は鼻の穴から甲羅部分に流れ込み、V字状に彫り窪められ表現された尻尾の部分から流れ出すようになっている。亀形石槽のすぐ南側には小判形(船形)に彫り込まれた水槽を有する石造物が、さらに南側にこれら石造物に水を供給していたと思われる湧水施設がみつかっている。斉明天皇が信仰した道教の世界を表す両槻宮の一部ではないかとか、政治を占う施設とか、身を浄める場所とかさまざまな説がある。出土した土器などから7世紀中頃~10世紀の間にかけて利用されていたことが確認されている。
a0278378_1946463.jpg
伝飛鳥板蓋宮跡 (史跡) 12:19
飛鳥板蓋宮とは、皇極天皇、斉明天皇の皇居。天皇は、皇極二年に小墾田宮から新しく造営されたこの宮へ移った。当時の宮が茅葺、桧皮葺であったのに対して、板蓋であったため、この名がついたと思われる。飛鳥板蓋宮は、「大化の改新」の幕開けとなる蘇我臣入鹿の中大兄皇子等による暗殺の舞台となった。

向こうに見えるのが甘樫丘。

字数制限に引っかかったので、ここらでいったん終わります。
続きはこちら



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2013-01-02 09:56 | 近畿

談山神社 2012.11.19

2012.11.19
前週に引き続き、またまた行ってきました談山神社。
前週は、よんどころない事情でほぼとんぼ返り。
今回は明日香村も周ります。
a0278378_14343486.jpg
明日香村
8:08
霜が日光にあたり溶けはじめていた。
ここで、レンズを替えたのだが、そのまま置き忘れてしまった。
談山神社へ行き、2時間後に気づき戻った時にはもうなかった。
橿原警察に電話で届を出していたら3,4日後に連絡があり、無事戻ってきた。
紛失したのはCANON EF70-200mm F4L IS USM。
今でも10万超えるレンズだったので、戻ってきて一安心。
a0278378_14344628.jpg
鳥居
8:24
a0278378_14345310.jpg
十三重塔
今日は青空に映えてビューティフォー
8:26
a0278378_1435072.jpg
後ろの銀杏も実は散り始めなんやけど、この頃が十三重塔を撮るのがBESTかも。
a0278378_1435767.jpg
a0278378_14351377.jpg
楼門
8:33
境内の紅葉はまだ緑が勝っている。
a0278378_14352015.jpg
8:34
a0278378_14352898.jpg
拝殿と紅葉
8:34
a0278378_14353542.jpg
8:35
a0278378_14354313.jpg
総社拝殿
8:37
a0278378_14355135.jpg
けまりの庭から神廟拝所十三重塔
a0278378_14361157.jpg
権殿
8:38
a0278378_14362031.jpg
銀杏
8:39
a0278378_1439621.jpg
8:41
a0278378_14385636.jpg
権殿
8:44
a0278378_1440356.jpg
十三重塔
8:44
a0278378_14404512.jpg
8:47
a0278378_14413557.jpg
8:49
a0278378_1441446.jpg
8:50
a0278378_14415132.jpg
8:51
a0278378_1442057.jpg
釣り燈籠と紅葉
8:57
a0278378_1442955.jpg
本殿・東透廊
9:02
a0278378_14421948.jpg
本殿・楼門・西透廊
9:02
a0278378_14422741.jpg
9:03
a0278378_14423412.jpg
9:05
何度も同じ場所の写真がありますが、くるくる回っているからです。
a0278378_14424255.jpg
9:08
a0278378_14424933.jpg
総社本殿
9:09
a0278378_14425625.jpg
祓戸社
9:10
a0278378_1443270.jpg
9:19
a0278378_14431069.jpg
9:20
a0278378_14492372.jpg
9:21
a0278378_1552587.jpg
2012.11.12
a0278378_15515086.jpg
2010.11.29


くもりと晴れの違いがありますが、十三重塔越しに紅葉を撮るなら11月20日前後が一番良いかもしれません。
2010.11.29はこちら
2012.11.12はこちら
a0278378_14493416.jpg
9:53
a0278378_14494521.jpg
9:54
a0278378_14495835.jpg
a0278378_1450728.jpg
9:55


次は明日香村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-30 16:01 | 近畿

談山神社 2012.11.12

11月12日
談山神社へ行ってきました。
2010年11月29日に初めて行ったんやけど、十三重の塔のまわりの紅葉が終わっていて、今年は早めに来ました。2010年のときはこちら

権殿と本殿は工事中だったし、摩尼輪塔撮り忘れたっていうのもあるんやけど。

★おさらい
談山神社の重要文化財(建造物)は、
十三重塔
権殿
本殿
拝殿
東透廊
西透廊
楼門
東宝庫
西宝庫
摂社東殿
神廟拝所
閼伽井屋
末社惣杜本殿
末社惣社拝殿
末社比叡神社本殿
摩尼輪塔

a0278378_2135735.jpg
前回撮り忘れた摩尼輪塔
7:22
a0278378_21385963.jpg
十三重塔
8:25
本日天気予報は晴れだが、結構分厚い雲が。。。。。
a0278378_213942.jpg
拝殿前の紅葉
8:29
まだまだ、緑色
a0278378_2139951.jpg
十三重塔
8:30
青空ならよかったのに。
a0278378_21391436.jpg
一週間後ぐらいがBESTか?
a0278378_2139198.jpg
西宝庫と楼門
8:31
a0278378_21392414.jpg
権殿
8:33
前回工事中。
970年建立、現在のものは室町時代(永年)の再建。
平成23年5月に改修工事が終了。
a0278378_21393011.jpg
8:34
a0278378_21393493.jpg
けまりの庭から神廟拝所と十三重塔
8:34
a0278378_21393923.jpg
本殿、西透廊、東透廊
8:38
こちらも前回工事中
a0278378_21394486.jpg
拝殿から本殿
8:39
a0278378_21395098.jpg

8:41
a0278378_21395552.jpg
神廟拝所内部
8:48
a0278378_2140264.jpg
神社前
8:55
a0278378_2140880.jpg
十三重塔
9:06
a0278378_21401498.jpg
拝殿、楼門
9:06


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-30 14:17 | 近畿

古都奈良の文化財13 東大寺五輪塔・圓成寺

13:37
自転車から車に乗り換え、奈良ロイヤルホテル発

a0278378_22225586.jpg
三笠霊苑
13:52
ここに何をしに来たかというと、ここにもあるんですよね世界遺産。

a0278378_2223366.jpg
東大寺五輪塔(重文・世界遺産)
14:00
奈良市川上町の三笠霊苑にある東大寺伴墓三角五輪塔のこと。
霊苑上部の12街区、13街区の向かい側にあります。

a0278378_2223826.jpg
奈良の街並み
14:04
結構、上の方にあることがわかると思います。
歩いて登りましたが、車でもOKのようです。
a0278378_22231595.jpg
興福寺の五重塔(国宝・世界遺産)
14:06

14:14三笠霊苑発
15:20圓成寺着


圓成寺
 天平勝宝8(756)年、聖武・孝謙両天皇の勅願により、鑑真和上の弟子、唐僧虚瀧和尚の開創と円成寺縁起に書かれている。しかし、史実的には平安中期の万寿3(1026)年、命禅上人が十一面観音を祀られたのが始まりである。天永3(1112)年、迎接上人が阿弥陀堂を建て阿弥陀如来を安置。ついで仁平3(1153)年、仁和寺の寛遍僧正が東密(真言密教)の一派忍辱山流を始められた。文正元(1466)年、応仁の兵乱にかかり、建物の大半を失ったが、栄弘阿闍梨は伽藍の復興に努め、さらに文明13(1481)年、弟子連舜らと朝鮮に使して高麗版大蔵経を請来した。慶長14(1609)年、家康公の所望によりその大蔵経を献上したところ、江戸時代は将軍の殊遇を得て、寺領235石となり、寺中23寺を有する寺院であった。明治維新後、寺領を失い、今の境内と建物のみを残した。近年、本堂の解体修理と仏像の補修、庭園の整備を終え、多宝塔を再建して寺観を整えた。

国宝
春日堂・白山堂

重要文化財
本堂
楼門
宇賀神本殿
石造五輪塔
木造阿弥陀如来坐像
木造四天王立像

名勝
円成寺庭園 - 平安時代後期の作庭


伽藍
 本尊阿弥陀如来を祀る阿弥陀堂(本堂)が南面して建ち、その前に 楼門、一段下がって 阿弥陀信仰を象徴する 苑池、浄土庭園が広がっている。その線を軸として西側に東面して、大日如来を祀る多宝塔が建ち、東側に寺院の鎮守である春日堂・白山堂、宇賀神堂、それを拝む拝殿、そのそばに鐘楼が建っている。本堂西側には護摩堂、明治以降 元の観音堂跡に庫裡が建てられた。

a0278378_2223211.jpg
本堂(重要文化財)
14:32
 文正元年(1466)栄弘(えいこう)阿闍梨が旧本堂と同じ規模と様式で再建された。春日造社殿に両廂(ひさし)付で、局・宝蔵・経蔵・篭(こもり)堂・御堂を設け、向拝に舞台を付けた寝殿造で、内陣中央、方形に配した四本柱には、聖衆来迎(しょうじゅらいごう)二十五菩薩が描かれている。須弥壇の上は 折上格天井(おりあげごうてんじょう)、大檀の上は 小組格天井、そのまわりに 四方流化粧天井(しほうながれけしょうてんじょう)を張りめぐらして、藤原時代の阿弥陀堂を現している。供物棚の格狭間(こうざま)や柱根の反華座は創建時の逸品である。昭和36年 解体修理を完了した。
a0278378_22232810.jpg
楼門(重要文化財)
14:32
 文正元年(1466)応仁の兵火にかかって焼失し、応仁2年(1468)栄弘阿闍梨が再建したもの。三間一戸入母屋(いりもや)桧皮葺(ひわだぶき)で、上下層とも和様三手先を使っている。下層出入口の上に正・背面とも花肘木(はなひじき)を入れ、正面は蓮唐草浮彫(はすからくさうきぼり)の中央 蓮華上の月輪にキリク(梵字、阿弥陀如来を表す)を刻み、背面は牡丹唐草浮彫の中央 牡丹花上に宝珠を刻み、いずれも天竺式斗にのっている。明治39年(1906)特別建造物に指定され、大正4年(1915)天沼俊一博士の指導のもと、解体修理が行われた。
a0278378_22233446.jpg
多宝塔
 縁起に、後白河法皇の寄進で、本尊大日如来を運慶に仰せ付けたと記している。元多宝塔は応仁の兵火で焼かれ、二代目の塔は大正9年鎌倉に移譲し、三代目の塔は昭和61年から平成2年に亘って再建した。全国の篤志家のご寄進と檀信徒の写経、用材勧進の浄財を投じて建立し、運慶真作の大日如来像を安置している。
a0278378_22241156.jpg
春日堂・白山堂 (国宝)
 安貞2年(1228)奈良春日大社御造営のさい、当時の大社神主藤原時定卿が旧社殿を寄進した、全国で最も古い春日造社殿。表は入母屋、裏は切妻、桧皮葺で、棟木、千木、勝尾木をのせ、蟇股・懸魚(げぎょ)・勾欄(こうらん)・斗(ときょう)などは、鎌倉初期社殿の特色を現している。大正5年の解体修理のおりに堂内から発見された棟札(むなふだ)6枚(表裏合わせて8枚)は、鎮守社の沿革と円成寺の歴史を知る貴重な文献で、社殿とともに国宝に指定されている。

a0278378_22241852.jpg
鐘楼
 桁行梁行とも九尺、入母屋瓦葺で上半四方に連子窓をはめ、下半に袴垂を張ってある。寛文7年(1667)の再建で、昭和36年解体修理を施した。梵鐘は、昭和45年に寄進されたもの。
a0278378_2224253.jpg
鎮守拝殿 (市指定文化財)
 桁行三間半、梁行二間、入母屋柿(こけら)葺で延宝3年(1675)建立。平成7年解体修理を完了した。
北側には半蔀(しとみ)戸と舞良(まいら)戸、西側には諸折両開(もろおれりょうびらき)戸を設け、南側には窓を開く。西と北側に縁を廻している。
a0278378_22243436.jpg
鎮守社 宇賀神本殿 (重要文化財)


 宇賀神をまつる鎮守社。筆(書道)の神として信仰されている。鎌倉時代に建てられた春日造社殿の向拝を唐破風にした県内最古の社で、昭和25年解体修理を完了し面目を一新した。

a0278378_22244390.jpg
護摩堂


 享保年間に再建された護摩堂が老朽化したため 取り畳み、その跡に 平成6年、不動明王、弘法大師、文  殊菩薩を祀るお堂として建立した。毎月28日には、不動尊護摩供養がおこなわれている。

a0278378_22244941.jpg
a0278378_22245768.jpg
圓成寺庭園 (名勝)
 楼門前にひろがる苑池を主とした庭園は、平安末期に寛遍僧正が、真言密教の教義であるバン字を基調として築造したと伝えられる。また藤原時代 阿弥陀堂の前につくられる浄土式庭園を基盤としたものであり、寝殿造系庭園の配置を備えた舟遊式庭園として、名勝に指定されている。昭和50、51年発掘調査、環境整備を完了した。
a0278378_2225479.jpg
柳生街道
15:11
 圓成寺から柳生街道を奈良市内に向かって5分弱歩きます。
 すると六地蔵が見えてきます。
a0278378_22251099.jpg
六地蔵
15:11
 そこを左折すると最終目的地。圓成寺五輪塔があります。
a0278378_22251847.jpg
圓成寺五輪塔(重要文化財)
15:13
 石造五重塔 元亨元年辛酉六月日の刻銘がある
 鎌倉時代末期元享元年の建立、奈良県下の五輪塔では最古の銘を有する。

15:20圓成寺発
17:39自宅着


行く予定だった、
喜光寺
西大寺
八幡神社
秋篠寺
霊山寺
は時間がなく、行けなかった。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-18 21:03 | 近畿

古都奈良の文化財12 不退寺・興福院・般若寺・春日大社摂社若宮神社・蓮長寺

海龍王寺から不退寺、興福院を周って、前日に行き忘れた春日大社摂社若宮神社に行きます。

a0278378_10501970.jpg
宇和奈邊古墳
11:18


不退寺

 大同4(809)年、平城天皇は譲位の後、平城京の北東の地に茅葺の御殿を造営、入御し「萱の御所」と呼ばれた。その後皇子阿保親王及びその第五子在原業平が相承してここに住んだ。
 業平朝臣は承和12(845)年仁明天皇の詔を奉り、承和14(847)年、平城天皇の旧居を精舎に改め、自ら聖観音像を刻み、父阿保親王の菩提を弔うと共に衆生済度の為に「法輪を転じて退かず」と発願し、金龍山不退転法輪寺と号して仁明天皇の勅願所となった。略して不退寺、業平寺とも呼ばれる。

重要文化財
南門
本堂
多宝塔

a0278378_1050253.jpg
南門(重要文化財)
11:22

本瓦葺切妻造四脚門 鎌倉時代

 南都十五大寺の一つとして法灯盛んであったことを感じさせる壮大な門で、左右に御所塀が付いている。身柱の上に豪壮な板蟇股を載せ、中央冠木の上に束を中心にして笈形風にいろいろと装飾しているのが特徴である。昭和9年の解体修理時に棟札が発見され、正和六年(1317)鎌倉時代末期の建築であると確認された。

a0278378_10504596.jpg
石棺
11:24

古墳時代 砂岩製 刳抜式割竹形 

 境内中庭に五世紀の石棺が置かれている。当寺西方に築造された平塚古墳から幕末に出土したもので、発見当初は蓋(亀の甲羅形)や副葬品があったらしい。一時、付近の薮の傍ら(本堂の後)に移す。近隣の農民が石棺を砥石の代わりにして鎌を研いだために、表面が窪んでいる。
 蓋は割って各自持ち帰ったという。(刀鍛冶が刀を研いだのではないかとも言われている)その後、不退寺の境内へ石棺を移転したという。
 昭和43年国道24号線バイパス工事事前発掘調査により、奈良時代の遺構の下から古墳を検出する。小字名をとって平塚古墳と名付けられた。
 当古墳はJR関西線と国道24号線になり跡形もない。

a0278378_1050579.jpg
多宝塔
11:25

単層本瓦葺寄棟造 桁行5間 梁間4間 鎌倉時代後期 

 内部は内陣と外陣に分かれ、その境に吹寄菱欄間(業平格子)と木連格子を入れている。須弥壇上中央に本尊聖観音菩薩像、その周囲に五大明王像、地蔵菩薩像を安置している。須弥壇の左右に小部屋があり、東小部屋に神仏習合名残りの伊勢太神宮を奉安し、西小部屋に阿保親王坐像と平城天皇、伊都内親王の尊儀が祀られている。昭和5年の解体修理の際に天井裏などからこけら経が発見された。

a0278378_1051343.jpg
石棺
11:26

桟瓦葺宝形造 鎌倉時代中期 重要文化財

初層のみで上層と相輪を欠いている。建立当初檜皮葺の二層構造であったことは『不退寺伽藍図』や『大和名所図会』からわかる。内部の壁板には
真言八祖が彩色されているが、剥落が激しい。昭和九年の解体修理時に発見された飛檐垂木墨書によると、多宝塔には安浪(快慶)作の千体地蔵が
安置されていたらしい。当寺最古の建造物で、5月28日の業平忌のみ開扉している

a0278378_10511015.jpg
11:33
a0278378_10511782.jpg
11:34




興福院(こんぶいん)
 創建について、寺伝では天平勝宝年間(749 - 757年)、和気清麻呂が聖武天皇の学問所を移して創建し、弘文院と称したという。
 『七大寺日記』(嘉承元年・1106年)には藤原百川が創建した興福尼院が前身とされている。
 また、護国寺本『諸寺縁起集』には、宝亀元年(770年)、藤原広嗣の妻・輪立氏の発願で創建されたとある。

 興福院は後から知ったが、予約が必要らしい。
 前日は閉まっていたが、今日は前にタクシーが停まっており、運ちゃんが中から出てきた。「入れるんですか」と訪ねると、「お客さんが入っていった」とのこと。
 入ってみる。しばらく見ていると尼さんが出てきたので、尋ねると、「入れない」と言われました。
 重文の客殿だけはしっかり撮影してきました。 

a0278378_10512272.jpg
本堂
11:48
a0278378_10512794.jpg
客殿(重要文化財)
11:48
 江戸時代、寛永年間頃に建てられた、入母屋造り桟瓦葺の建物。檜皮葺きの玄関が付属する。左右3室を前後2列に配し、計6室とする禅宗方丈系の平面になる。




般若寺

国宝
楼門

重要文化財
十三重石塔
経蔵
笠塔婆 2基

a0278378_10513329.jpg
楼門(国宝)
12:05
 入母屋造・本瓦葺きの楼門(2階建て門)。民家の建ち並ぶ京街道に面し、西を正面として建つ。鎌倉時代(13世紀後半)建立。下層は1間、上層は3間とする。長押を多用し、和様を基調としつつ、上層の組物など細部には大仏様(よう)の意匠を多用する。上層の出組の組物は、外部から見ると複雑な構造に見えるが、建物内部では柱が直接桁(屋根の垂木を支える水平材)に達する単純な構造で、組物は使われていない。

a0278378_10514221.jpg
まかばら石
12:10
光明真言(不空大灌頂光真言)「オンアボキャ ベイロシャノウ マカボダラマニ ハンドマジンバラ ハラバリタヤ ウン」に由来する石銘です。いつの頃からかは判りませんが般若寺境内のこの場所に在り霊石として大切にされてきました。石をなでて拝めば「運気上昇」の霊験があります。合唱。

a0278378_10515942.jpg
経蔵(重要文化財)
12:11
 様式上、鎌倉再興期の建立とみられる、切妻造の小規模な建物。解体修理の結果、建立当初は経蔵ではなく、土間床の建物であったことが判明している。建物の本来の用途は未詳。
a0278378_1052588.jpg
笠塔婆
12:12
 十三重石塔を建てた伊行末の息子・伊行吉によって建立された石塔婆。現在、本堂手前右側にあるが、当初は寺外の墓地の入口にあった。「考古資料」として重要文化財に指定されている。 

a0278378_10521297.jpg
本堂
12:13
a0278378_10522096.jpg
12:13
a0278378_10522913.jpg
十三重石塔(重要文化財)
12:13
 建長5年(1253年)頃に南宋から来日した石工・伊行末(いぎょうまつ)により建立された、日本の代表的な石塔の一つ。高さ12.6メートル。

a0278378_10523730.jpg
12:13
a0278378_10524498.jpg
相輪
12:13

 十三重石塔の最上部に置かれる部分。昭和初期に工事中地中より発見された。鎌倉時代の創建当初のもので三つに折れているが、完全な姿を残している。
現在のものは四代目で昭和の大修理の際に初代を模して作成された。二代目は石造で本山西大寺の本坊前庭に現存。三代目は青銅製で元禄より昭和まで設置されていたが、今は当寺宝蔵堂に収められている。

a0278378_10525030.jpg
観音石仏
12:21



再び春日大社に戻ります。
前日忘れた春日大社の若宮神社に参詣。

若宮神社

重要文化財
本殿
拝舎
細殿及び神楽殿
手水屋
すべて世界遺産です。

a0278378_16292339.jpg
春日大社南門(重文・世界遺産)
12:40

 南門を出て灯籠の間を左側に進むと、「御間道」と呼ばれる御本社と若宮との間にある道にでます。この「御間道」からその最奥に鎮座する紀伊神社まで通じる「奥の院道」沿いには「福の神15社巡り」という絶大なる福徳を授かることが出来るという境内社が祀られています。

a0278378_16293027.jpg
本殿(重文・世界遺産)
12:42
a0278378_16293758.jpg
拝舎と本殿(重文・世界遺産)

 若宮の御祭神は長保5(1003)年、現在の地に祀られる。国指定重要無形民俗文化財である「春日若宮おん祭」(12月17日)に際して、その一日のみ御旅所にお渡りになる。
 鎌倉時代後期に描かれた絵巻物「春日権現験記」(1309年)にも現状と同種の建築物が描かれている。拝舎の屋根の後端は神楽殿と一体になっている。

a0278378_1629438.jpg
細殿及び神楽殿(重文・世界遺産)
12:43

 北より三間を細殿、一間を御廊、六間を神楽殿といい、3つの建物が一棟に合わさった建物であり、平安末期の寝殿造の遺風を伝えている。諸祭典に社伝神楽がここで奏せられる。

a0278378_16295057.jpg
手水屋(重文・世界遺産)
12:46

 若宮の神饌調理所に当たる建物で、土間の部分に竈、流し台、屋根には櫓煙出しを設け、一角に日本で唯一の夫婦大黒様をお祀りしている。総体に簡素で平安末期の古様を伝え、寝殿造の面影を残している。

 細殿及び神楽殿の隣に通常の手水舎(参拝者が身を浄めるために手水を使う施設)もあるので、そちらと間違わないように。

a0278378_16295676.jpg
春日神社境内ナギ樹林(天然記念物)
12:47

 境内のナギ(マキ科の針葉樹)の純林から成り、極めて稀であることから、大正12(1923)年天然記念物に指定された。境内のナギは、春日大社の創祀された8世紀頃に献木されたものがひろがったとされ、植栽年代は奈良朝にさかのぼるとされている。

a0278378_1630344.jpg
紀伊神社
12:50

第11番納札社
御祭神:五十猛命、大屋津姫命、抓津姫命、御例祭:9月15日
近世「奥の院」と称されていたこの社の主祭神:五十猛命は素盞鳴命の御子神で、紀伊の国へ樹木の種をもたらした樹神とされています。

a0278378_1630108.jpg
細殿及び神楽殿
12:56

ここからチェックアウトをし、車に乗り換えるためホテルに帰ります。

a0278378_16301649.jpg
旧帝国奈良博物館本館(重文)
13:09

午後からは陽がさして前日午前中よりきれいな写真が撮れた。

a0278378_16302334.jpg
蓮長寺
13:18

 当山は、もと三論宗に属し、東大寺別当勤操(空海の南都の師) が千ケ寺建立の際の一寺と思われ、喜見城院と言った。開創年代は不明であるが、奈良朝末期、恐らく750年に近い年代の頃と考えられる。
 日蓮聖人は寛元4(1246)年から宝治元(1247)年にかけて南都六宗研鑽のため、奈良にご遊学あそばされた。
 まず元輿寺に入って倶舎宗を、次いで東大寺で華厳宗、興福寺で法相宗、法隆寺で三論宗、唐招提寺・西大寺で律宗を研究され、さらに薬師寺の経蔵に入って一切経を閲読された。この間、喜見城院を拠点とされ、一番長く滞在されたと伝えられている。
 応仁2(1468)年、時の住持即俊が、宗祖の霊夢を見て日蓮宗に改宗、寺号を喜見院と改め、京都大本山本国寺第11世大聖院日尭を開山に迎え、自らは第2世に就いた。翌文明元年、本堂・番神堂を建築して寺観を一新、教勢また大いに振ったが、後年(元亀・天正の頃)火災に遭い、堂字悉く焼失して廃虚となった。
 江戸期に入り寛永の頃、京都本国寺執事の喜見院日便来たって復興に挺身、篤信の浄信院日英尼ら多数宗徒の外護協力を得て、承応2(1653)年、本堂・庫裡・山門等を再建、寺域を整備して復興を果たし、寺号も日蓮聖人ご出家の時の御名「蓮長」を冠して光映山蓮長寺と改め、大本山本国寺末頭となり、今日の基礎を成し逐げた。
 本堂は大和郡山城主豊臣秀長公建立の寺「西岸寺」本堂を移築したと伝えられ、昭和62年、国の重要文化財に指定されている。また、平成元年、妙見堂を再建、番神堂を復元し、平成2年には、中興開山書見院日便建立の書院「要法庵」が再興された。平成10年には、立教開宗750年を記念して、鐘楼を再建した。

a0278378_16303339.jpg
本堂(重要文化財)
13:19

 建立は承応2(1653)年。入母屋造り、本瓦ぶきの 大規模な堂で、周囲の落縁は側柱筋に合わして縁柱を立て庇桁を廻して軒を支えている。
 内部の柱、貫などは極彩色の文様が施され、広縁や内 陣、脇陣の各天井は鏡天井で、それぞれに迦陵頻伽・竜・鳳風の彩色画が描かれている。全体に平面は密教寺院風。 脇陣を広くとり脇陣境を仕切るなど日蓮宗本堂の特徴 をよく表した建物で、県下でも特筆に値する建造物で ある。

a0278378_16304043.jpg
a0278378_16304892.jpg









にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-17 22:08 | 近畿

古都奈良の文化財11 平城宮跡・東院庭園・宇奈多理坐高御魂神社・法華寺・海龍王寺

唐招提寺から平城宮跡を通り、前日入れなかった近辺の神社仏閣をめぐります。

あっ、そうそう。
「寺社仏閣」という訳のわからん言葉を使っているブログをよく見かけますが、
寺社=寺+神社
仏閣=寺
なので、寺社仏閣=寺+神社+寺で、寺が2回出てますよ。
PIXTAのタグでけっこう多いですね。

神社と寺を言いたいのなら、「寺社」か、「神社仏閣」です。


a0278378_20125951.jpg
朱雀門
門ではなく区域が特別史跡で世界遺産。
10:08

金閣寺(鹿苑寺)や天龍寺は世界遺産ですが、建物は世界遺産ではなく、庭園が特別名勝で、世界遺産。
金閣寺の金ピカの建物(舎利殿)は昭和25年に放火で焼失、30年に再建されたもので、現在のところ文化的価値はありまえん。お間違いなく。

a0278378_201358.jpg
朱雀門から大極殿
10:10
a0278378_20131096.jpg
東院庭園
10:19
無料なので、入ってみました。こういう庭もいいかも。

 平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張出し部を持ちます。この南半は皇太子の宮殿があった場所で、「東宮」あるいは「東院」と呼ばれていました。その南東端に東西60m、南北60mの池があり、これを中心に構成されている区画が東院庭園です。
a0278378_20204979.jpg
宇奈多理坐高御魂神社
東院庭園のすぐ近く。
10:25
a0278378_20131749.jpg
宇奈多理坐高御魂神社10:26
本殿(重要文化財)

由緒
延喜式内の大社で月次・相嘗・新嘗の幣に預かっていた。古文書では宇奈足とも菟足とも書いている。武内宿禰の勧請と伝えられ「日本書紀」によると持統天皇 六年(692)二月には新羅の調を伊勢住吉紀伊大倭菟名足の五社に奉るとある。その一社でこの神社の神戸は正倉院文書の天平二年(730)大振る税帳新抄 格勅符抄に載っているが、何れも神名は菟名足となっている江戸時代には楊梅神社と呼ばれたこともあり、いま「うなたり社」とか「西の宮さん」とか言ってい るのは近郷だけでの通称の略称である。本殿は室町時代初期の建築遺構を残し、三間社流造檜皮葺で国指定の重要文化財である。境内一帯は平城天皇の楊梅宮址 とか春日斎宮の斎院址とかの学説もある。

a0278378_20132210.jpg
法華寺
10:31
 光明皇后ゆかりの門跡尼寺。東大寺が全国の総国分寺であったのに対し、法華寺は総国分尼寺と位置づけられ、詳しくは法華滅罪之寺といった。法華寺の地にはもと藤原不比等の邸宅があり、不比等の没後、娘の光明子、すなわち光明皇后がこれを相続して皇后宮とした。天平17年(745年)5月、皇后宮を宮寺としたのが法華寺の始まりである(『続日本紀』)。この宮寺を「法華寺」と称したことが文書で確認できるのは、2年後の天平19年(747年)からである。

重要文化財
本堂
鐘楼
南門

史跡
法華寺旧境内

名勝
法華寺庭園

重要有形民俗文化財
浴室(からふろ)

a0278378_2013275.jpg
鐘楼(重文)
10:33
 鬼瓦に慶長7(1602)年の刻銘があり、形式や細部からみてその頃の再興と考えられる。二層建てで、上層に鐘を吊る「袴腰付き鐘楼」であるが、上層に縁や高欄を設けない、珍しい形式。

a0278378_20133247.jpg
横笛堂
10:34
 かつて南門を出て左側の飛地境内にあったが、東門の東側に移築されている。

a0278378_20133819.jpg
薬師堂
10:34
a0278378_20134391.jpg
稲荷神社
10:35
a0278378_20135383.jpg
本堂(重要文化財)
10:37
 本堂は慶長6(1601)年豊臣秀頼が淀君とともに片桐且元を奉行として再建。

a0278378_2014230.jpg
からふろ(重要有形民俗文化財)
10:43

 この浴室は古くから「からふろ」と呼ばれ法華寺本願光明皇后が難病者たちに入浴の恵みをたれ給うたところであります。
 傍らの井戸は常に清らかな水をたたえ、この浴室の伝統は井戸と共に古い由緒を伝えています。
 浴室の内部は二部屋になっていて両方共にむし風呂になっています。
 近年迄、実際に利用されていました。
 唐破風をつけた内部の古い様式や敷瓦の遺構には、昔の面影が偲ばれます。
 平成15年7月に半解体修理が完成いたしました。

a0278378_20141069.jpg
光月亭
10:43
a0278378_20142696.jpg
10:47
a0278378_20144784.jpg
10:51
a0278378_20145481.jpg
南門(重要文化財)
10:53
切妻造・本瓦葺の四脚門で、本堂と同時に再建された。

名勝の庭園は非公開時期なので入れませんでした。


海龍王寺
 飛鳥時代に毘沙門天を本尊として建てられた寺院を、天平3(731)年に光明皇后により海龍王寺としてあらためて創建されました。嵐の中唐より無事に帰国を果たした玄昉が初代住持となったことから遣唐使の航海安全祈願を営むと同時に平城京内道場の役割を果たすことにもなり、玄昉が唐より持ち帰った経典の書写(写経)も盛んに行われました。

国宝
五重小塔 - 解説は前出

重要文化財
西金堂
経蔵

a0278378_2015158.jpg
山門
10:59
a0278378_201573.jpg
11:01
a0278378_20151373.jpg
本堂
11:01
 本堂は奈良時代に建っていた中金堂の位置を踏襲しており、深い軒の出と勾配の緩い屋根、それに堂内の柱配置が整然としていることなど、奈良時代の仏堂の様式と似ている点が多く見られます。建立年代は寛文年間(1665年頃)とも伝えられ、江戸時代の建物でありながら古風な造りで、古い伝統建築の様式が好まれた奈良の地域性を見ることができて貴重です。

a0278378_20152029.jpg
西金堂(重要文化財)
11:02
 創建当時からの建物。鎌倉時代と昭和40年~41年にかけて大きな修理を受けてはいるものの、一部に奈良時代の木材を残しています。規模や形式には大きな変更がなく、奈良時代に造られた小規模の堂はこの西金堂以外に現存していないことから非常に価値の高いものと評価されています。

a0278378_20152730.jpg
五重小塔(国宝)
11:03
 創建当時から西金堂内に安置されており、細部は天平時代のかなり早い時期の手法を用いて造られていることから、天平時代の建築技法を現在に伝え、塔の建築様式の発展をたどる上にも重要であることと、建造物としての五重塔はこれ一基しか存在していないので、これらの点からこの小塔の価値が高く国宝に指定を受けています。小塔は屋内で安置することを目的とした為、近くから見たり拝んだりするであろうことから近くから見た時の工芸的な性格を非常に重視しており、小塔の外部は組物などの細部にいたるまで忠実に作られています。またこのことは寸法取りにも表れており、上層部にいくにしたがって塔身が細く作られていることから上層部と下層部の均整を重視した寸法取りを行っていることがうかがい知れます。 - 小塔を造立した理由 通常、寺院には高さが数十メートルの大きな五重塔があるのが一般的ですが、海龍王寺は飛鳥時代から建っていた寺院をもとに創建されたので、限られた敷地の中に大寺院の伽藍の形式を持ち込まなければならないという困難な状況にありました。この事情の中で「東西両塔」を備えた伽藍の形式を持ち込むべく五重小塔を造立し、東金堂(明治初年に喪失)と西金堂の両金堂の中にそれぞれ納めたのではないかと考えられています。

a0278378_20153335.jpg
経堂(重要文化史)
11:06
 叡尊により当時が中興された際の正応元年(1288年)に建立され、昭和40年~42年にかけて解体修理を受けました。高床式であるとともに、この時期の建物の特徴である大仏様の影響を大きく受けていながらも一部には禅宗様が取り入れられており、寄棟造のおだやかな姿が古代の蔵の面影が最もよく残されています。

a0278378_2015406.jpg
11:13




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-17 10:35 | 近畿

古都奈良の文化財10 唐招提寺

9/27
薬師寺の次はお隣の唐招提寺へ

唐招提寺の世界遺産は[国宝5、重文1](史跡)となっていますので、旧一乗院(御影堂)の2棟は世界遺産には含まれないのだろう。
礼堂(重文・世界遺産)
経蔵(国宝・世界遺産)
金堂(国宝・世界遺産)
講堂(国宝・世界遺産)
鼓楼(国宝・世界遺産)
宝蔵(国宝・世界遺産)
旧一乗院寝殿(重文)
旧一乗院殿上及び玄関(重文)

a0278378_2145297.jpg
南大門
9:01
a0278378_215551.jpg
金堂(国宝・世界遺産)
9:02

国宝 奈良時代(8世紀後半)
寄棟造・本瓦葺
南大門をくぐった正面にその荘厳な姿を見せる金堂は、8世紀後半の創建時の姿を残す代表的な建築物です。
外観は、正面間口七間(中央間は約4.7m、両端へは次第に狭くなり、3.3m)、奥行き四間の寄棟造で、前面一間通りが吹き放ち、軒を支える組み物は三手先(みてさき)と呼ばれる形式で、その建立年代を示しています。
堂内は、連子窓から取り入れられた柔らかな光に満たされ、中央に本尊・盧舎那仏坐像、右に薬師如来立像、左に千手観音立像(いずれも国宝)が並ぶ姿は、天平時代を彷彿させる厳かな雰囲気に包まれています。
a0278378_215565.jpg
講堂(国宝・世界遺産)
9:04
10mmの広角でも全体が入りきらない

国宝 奈良時代(8世紀後半)
入母屋造・本瓦葺
平城宮の東朝集殿(ひがしちょうしゅうでん)を移築・改造したもので、開放的な空間となっています。
外観は平屋の入母屋造で、現在の姿は鎌倉時代の改造によるところが大きいといわれます。
天平時代、平城宮の面影をとどめる唯一の建築物としてきわめて貴重な存在です。
内部は、本尊弥勒如来坐像(重文、鎌倉時代)と、持国天、増長天立像(重文、奈良時代)の他、多くの仏像が安置されています。
a0278378_2151686.jpg
鐘楼
9:05
a0278378_2151653.jpg
鼓楼(国宝・世界遺産)
9:06

国宝 鎌倉時代 仁治元年(1240)
楼造・入母屋造・本瓦葺
金堂・講堂の中間の東側に建つ、2階建ての建築物です。名称は「鼓楼」ですが、現在は鑑真和上将来の仏舎利を奉安しているため、「舎利殿(しゃりでん)」とも呼ばれています。
外観は、上下階とも扉と連子窓(れんじまど)で構成され、縁と高欄が取り付けられています。堂内の厨子には、仏舎利を収めた国宝の金亀舎利塔(きんきしゃりとう)が安置されています。
a0278378_2152872.jpg
鼓楼と金堂
a0278378_2153013.jpg
礼堂(重文・世界遺産)
9:07

手前が礼堂、奥が東室

重要文化財 鎌倉時代
木造 入母屋造・本瓦葺
鼓楼の東に位置する南北19間の細長い建物の南側8間が礼堂、北側10間が東室、その間の1間は、馬道(めどう)と呼ばれる通路になっています。
講堂を挟んだ西側にも同様の建物があり、僧房として使われていました。
礼堂は、隣の鼓楼に安置された仏舎利を礼拝するための堂で、内部に釈迦如来立像(重文)・日供舎利塔を安置しています。
a0278378_2154320.jpg
鼓楼
a0278378_21182729.jpg
経蔵(国宝・世界遺産)
9:08

国宝 奈良時代(8世紀)
校倉・寄棟造・本瓦葺
礼堂の東側に宝蔵とともに並んで建つ高床式の校倉(あぜくら)で、小さいほうが経蔵です。
唐招提寺創建以前の新田部親王邸の米倉を改造したものといわれ、唐招提寺で最も古い建造物であり、日本最古の校倉です。
礼堂
a0278378_2155599.jpg
a0278378_2161347.jpg
礼堂
a0278378_2161672.jpg
御影堂(興福寺旧一乗院)入口より
9:16

立ち入り禁止です。

重要文化財 江戸時代
境内の北側に位置する土塀に囲まれ、ひっそりとした瀟洒な建物。元は、興福寺の別当坊だった一乗院宸殿の遺構で明治以降は県庁や奈良地方裁判所の庁舎として使われたものを昭和38年(1964)移築復元したものです。
現在は、鑑真和上坐像(国宝)が奉安されており、昭和46年から57年にかけて東山魁夷画伯が描かれた、鑑真和上坐像厨子扉絵、ふすま絵、障壁画が収められています。
a0278378_2163163.jpg
戒壇
9:20

金堂の西側にある戒壇は、僧となるための授戒が行われる場所です。創建時に築かれたとされていますが、中世に廃され、その後再興されたものの火災により建物は失われました。
現在は、3段の石壇のみが残り、その上に昭和53年(1980)にインド・サンチーの古塔を模した宝塔が築かれました。
a0278378_2163392.jpg
修理中の本願殿
9:24
a0278378_21645100.jpg
鑑真和上御廟
9:28

境内の北東の奥まった静かな場所に位置する鑑真和上の墓所。
同時期の高僧の中では唯一、1250年の永きに亘って、参拝する人が途絶えません。現在は御廟前に和上の故郷・揚州から贈られた瓊花が植えられ、初夏にその可憐な花を咲かせます。
a0278378_2164657.jpg
a0278378_217215.jpg
宝蔵(国宝・世界遺産)国宝 
9:35

奈良時代(8世紀)
校倉・寄棟造・本瓦葺
経蔵とともに並んで建つ校倉で、北側の蔵です。
唐招提寺創建にあわせて建立されたといわれ、経蔵より一回り大きいその堂々たる姿は、校倉の典型といえます。
a0278378_2171535.jpg
9:36

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-03 22:05 | 近畿

古都奈良の文化財9 薬師寺

9月27日
世界遺産古都奈良の文化財を巡る旅2日目
今日は西ノ京から攻めます。
薬師寺南門(重文・世界遺産)
薬師寺東院堂(国宝・世界遺産)
薬師寺東塔(国宝・世界遺産)
薬師寺休岡若宮社社殿(重文)
薬師寺休岡八幡神社社殿(重文・世界遺産)
世界遺産の資料では薬師寺の世界遺産は国宝2、重要文化財4、史跡となっています。
上記のうち、薬師寺休岡八幡神社社殿は本殿、東脇殿、西脇殿の3棟あるので、実はひとつ重文だが世界遺産ではないものがあるということになります。薬師寺休岡若宮社社殿が世界遺産に含まれないのかな?と考えています。
a0278378_21362869.jpg
南門(重文・世界遺産)
7:48

8時半の拝観開始時間なのになざこんなに早く出てきたのかというと、あの水面に映った薬師寺の風景を見てみたかったから。
川かと思っていたんですが、該当しそうな場所はない。
地図をにらみながら、あちこち走り(もちろん自転車で)、大池であることが分かった。
a0278378_2137231.jpg
大池越しの薬師寺
8:11
a0278378_21364645.jpg
休岡八幡神社社殿(重文・世界遺産)
8:19
大池から戻り、薬師寺が開門するまで、南門前にある休岡八幡神社へ。こちらにも世界遺産がありますので、お忘れなく。
このあといくら探しても休岡若宮社社殿(重文)が見つけられず。

8時半になったので、いよいよ薬師寺境内へ。
a0278378_21371213.jpg
中門
S59再建
8:33
a0278378_21365842.jpg
金堂
S51再建
8:34
a0278378_21372484.jpg
西塔
S56再建
8:36
a0278378_2137954.jpg
大講堂
H15再建
8:37
a0278378_21373914.jpg
東塔(国宝・世界遺産)
8:42
みごとに隠れてしまっています。知っていたけど残念です。
2018年まで修理中とのこと。あと6年かあ。。。。。
a0278378_21372516.jpg
東院堂(国宝・世界遺産)
8:45
a0278378_21375247.jpg
薬師寺の壁
8:54
こちらの壁の修復も急ぐ必要があるのでは。。。。。。

しまった!休岡若宮社社殿(重文)の場所聞くの忘れた。。。。。
あとで家で調べると、南門を入って左側にあったようです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-12-01 22:19 | 近畿

古都奈良の文化財8 興福寺・奈良女・平城宮跡・夜景

傳香寺から朝方閉まっていた奈良女に向かう。
途中、順光になっているであろう興福寺の五重塔を再訪問。
a0278378_2132894.jpg
興福寺五重塔(国宝・世界遺産)
15:53
うーん、予想通り順光です。
a0278378_2133674.jpg
東金堂と五重塔(国宝・世界遺産)
a0278378_2134270.jpg
東金堂(国宝・世界遺産)
a0278378_2135361.jpg
奈良女子大学到着
16:05
奈良女子大学(旧奈良女子高等師範学校)守衛室・正門、旧本館が重文。
上は正門。
a0278378_214269.jpg
守衛室
a0278378_2141484.jpg
旧本館
このあと、ホテルへ帰る途中、興福院、不退寺、海竜王寺、法華寺を周りましたがすべて4:30で閉まっていました。

5時頃ホテルにチェックイン。
休む間もなく、今度は夜景を撮りにまわります。
バイオギアBG8000をはいていたのですが、歩くよりも自転車をこぐ時の方が膝を曲げるので、膝が圧迫されて痛い。これからはほぼ自転車ばかりなので、バイオギアを脱ぎました。

a0278378_2142187.jpg
平城宮跡(特別史跡・世界遺産)
17:20
a0278378_2142944.jpg
生駒山に沈む夕日
17:32
a0278378_2143736.jpg
大極殿跡
17:33
a0278378_2144454.jpg
a0278378_2145228.jpg
第一次大極殿
18:09

これから再度興福寺に向かったのですが、近鉄奈良駅を過ぎた奈良県商工観光館の前でとうとう足がブレイク。
結構な坂道なのですが、昼間は自転車で登り切りましたが、さすがに疲れ果て、途中で自転車をこげなくなり、降りたんです。
降りた途端、大腿直筋(ふともも前の筋肉)がケイレン。
激痛が走り一歩も動けない、いや足がほんの少したりとも曲がらない状態に。。。。。
周りの人から変な目で見られながらも、5分ほど直立したままで、歩けず。
そのまま苦しんでいましたが、放っておいても動くようになるはずもなく。。。。。

激痛の走る筋肉をたたき、気合で座り込みました。
その後、屈伸運動をしてから痛いながらもなんとか自転車をこげる程度に回復。
a0278378_2145328.jpg
本日3回目の興福寺五重塔
19:01
a0278378_21451986.jpg
旧帝国奈良博物館本館
19:11
a0278378_21454990.jpg
東大寺大仏殿
19:24
a0278378_21453135.jpg
鏡池と中門、大仏殿
19:30
a0278378_2145593.jpg
木造金剛力士立像(国宝)
こちらは吽形像
19:35
a0278378_2146312.jpg
阿形像
a0278378_21461261.jpg
20:02
本日最初で最後の食事。
なんとガストです。

奈良まで来て、なんでやねん。

このあとゆっくり風呂につかり足をもんで、ホテルで就寝。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hobohitoritabi | 2012-11-28 20:08 | 近畿